あると便利なホームエレベーター

設置するには工事以外にも必要なことがある

超高齢化社会と言われるこれからの日本では、自宅内に設置できるホームエレベーターが必要になってくるご家庭は多いのではないでしょうか。

介護だけでなく、自分用にも必要になってくるかもしれません。
新築時に設置するのが最善の方法ではありますが、足腰が丈夫な状態の時はそのような気にはならないのが一般的な考えでしょう。

足腰が弱ってきた、両親を介護する必要が出てきた、といった場面と新築が同時に重なるといった偶然はあまり起こらないでしょうから、必然的にリフォームでのホームエレベーターの設置という要望が増えてくるのだと思います。

では、どのような住宅でもホームエレベーターの設置は可能なのでしょうか。
エレベーターを付けるとなると、よほど大がかりな工事が必要になりそうな気がしますし、相応の費用がかかってくるのではないか、といった心配が挙げられます。

また、自宅のスペースに合ったエレベーターがあるのか、どれくらいの大きさであれば必要条件を満たすのか、など疑問は尽きる事がありません。

設置できるのかどうか、といったスタート時の疑問から設置するまでの工事費用やエレベーターの選びかた、工事にかかる費用までしっかりと確認しておきたいものです。
また、万が一エレベーターの設置をあきらめなければならない場合にも、他の方法があるのかどうかなど、こちらでは、ホームエレベーターの設置に関する内容をわかりやすくまとめましたので、ぜひご参考になさってください。

ホームエレベーターを設置するには

エレベーターの設置に関して確認申請という行政への申請が必要になります。 これは大規模なリフォームでも必要になりますので、確認しておくとよいでしょう。 また、設置するにはある程度の強度が必要になります。 耐震基準を満たしているかなど、現地調査をする必要もありますので余裕をもって計画をたてましょう。

費用はどれくらい必要か

エレベーター本体のお値段もさることながら、諸々の費用を総額で考えることが重要です。 では、設置から使用時までトータルの費用はどれくらいかかるのでしょうか。 こちらでは、計画段階で資金総額の目安をたてられる様、全体での総額をわかりやすくご説明したいと思います。

設置できない場合の解決策はあるのか

ホームエレベーターを設置する為の使用条件はどのような決まりがあるのでしょうか。 また、条件をクリアできず設置できないといった場合もあるかもしれません。 そのような、使用する為に注意する決まり事や、万が一の場合の解決方法についてお伝えしたいと思います。

TOPへ戻る